結婚する二人に役立つ結婚式の盛り上げヒント【動画などの演出が鍵】

業者に依頼する

花嫁とドア

結婚式の二次会の感じを依頼されたような場合、司会をすることに抵抗がある人がいます。司会というものはその話し口調ひとつで場の雰囲気を決めてしまいますので、慣れていない人がやろうとするとプレッシャーになる場合も多いのです。従ってそういった場合は幹事自らが司会をするのではなく、司会を二次会代行を専門に扱っている業者に頼むことも検討すればよいのです。結婚する2人にとっては二次会も一生の思い出に残るものですので、主催する側は滞りなく会を進行させたいと考えます。それに最適なのは場慣れした二次会代行の業者の司会者なのです。場に空気をよんだり、その場のムードに合わせて的確な話題を話したりすることも、場慣れした人だから出来る技なのです。

二次会代行を業者に頼む際、気になるのは料金ですが、これについては工夫次第で安くすることも可能でしょう。結婚式の二次会というのは結婚式とセットのようなものですので、結婚式をする会場に業者を紹介してもらうというのも手段の一つです。この場合、新郎新婦が式をあげる会場からの紹介ということで、割安で二次会代行を請け負ってくれる場合もあります。参加者は結婚式場でお祝い金も出していますので、二次会参加代はなるべく安い方がありがたいのです。これが高い場合、二次会参加者が少なくて盛り上がらないことも考えられますので、幹事をする場合は料金設定には気をつけたいものです。業者との話をして、低めの料金になるよう交渉すると良いです。